« KTV | トップページ | 日本語って難しい »

2007年6月16日 (土)

味覚の変化

 最近味覚が変わってきたみたいです。

西安の味付けは中国でも濃い方だから尚更でしょうか。

来たばかりの頃は、

味が濃すぎると感じていたものですが、

最近は普通に感じてきています。

生物の適応能力というのには

まったく驚嘆です。

 

また辛さに対しても耐性がついてきたような。

今はたいていのものは食べられるようになりましたよ。

 

悲しかったのは、

この前、日本の即席麺を久しぶりに

食べると、

なんだか味がないように感じました。

 

これは帰国してからまた”日本”に慣れる必要が出てきたということかもしれません。

 

 

これは日々の生活習慣についても言えますね。 

とりあえず、

日本に帰ったら

道路は横断歩道を渡って、

信号も守らなくちゃ。。。

 

 

そうそう、

中国で”じゃがりこ”が流行らない理由、

なんとなくわかりました。

(以前友人が中国でじゃがりこを必死に探していたので)

 

中国人の友達が言うには、

”硬すぎるよ”

とのこと。

 

じゃあ

せんべいとか論外なわけで。

 

そういや硬い食べ物ってみないなぁ。

|

« KTV | トップページ | 日本語って難しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KTV | トップページ | 日本語って難しい »