« 学以致用 | トップページ | 好高務遠 »

2007年7月19日 (木)

世惊駭俗

 (世間をあっと言わせる)

  

食の安全を揺るがす

中国の劣悪な食品衛生管理が

世界的に報道され、

その中でも

”ダンボール入り肉まん”騒ぎは

私たちを震撼させました。

  

でも、

先日の報道でこれが

テレビ局の捏造だと発覚しました。

 

僕の感想。

 

それ、結局おいしかったのだろうか?

割といけたりして。

 

一昔前は共産党の”口”として

当局の理念を喧伝するのが

中国メディアの使命で、

国に不利なことなんてのはもっぱら伏せてたのに、

 

今じゃ自国のイメージを汚してまで

視聴率のために

捏造。

 

メディア界の競争もかなり激しいってことでしょうかね。

 

 

僕の印象では

中国国内じゃあ

この衛生管理の問題

それほど強く取り上げられてる気がしないのですが。

 

なんというか、

衛生に関する人々の”基準”が

日本と中国では差異がある気がします。

 

こちらに来てから、

日本人は潔癖だと常々感じます。

 

同時に中国人はもうちっと衛生面に気を使っていただきたい。

 

 

 

しかし、

こちらに住んでるからには

現状にあんじるしかなく、

”自分の目で”よく注意する他ないです。

判断基準は”見た目”と”におい”

 

なんともまぁ大雑把ですが、

つまり

”やばそうな物は食べない”

結局これしかないです。

 

とりあえず、

私はまだ生きてます。

 

そして何より、

中国の食についていろいろ言われてるけど、

  

中国の食べ物めちゃおいしい。

そしてなんと言っても安い(特に果物)!!

地域によって物価に大きな差がありますが

西安の物価は上海・北京に比べれば

わりと低いほうで、果物はとっても安いです。

 

バナナ・・・一房約四元 → 約65円。

西瓜 ・・・一個約二元 → 約35円。

食堂の砂鍋 ・・・三元 → 約50円。

 

砂鍋は

日本にいたら、

800円出しても食べたいです。

 

 

 

|

« 学以致用 | トップページ | 好高務遠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学以致用 | トップページ | 好高務遠 »